カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

お歳暮シーズン

最近は毎日お歳暮の出荷が続いております。

ここ数日で瓶詰が終わった一斗缶を並べてみました。

出荷風景2

出荷風景

お客様へお送りする商品を準備中です。

喜んでいただけるよう、一つ一つ心を込めて梱包しています。

採蜜体験 2015

ハート(なかやま牧場)坪生店で当選したお客様を対象に採蜜体験を開催いたしました。

当日は天気も良く、蜂の生態について解説した後、採蜜をしていただき、お土産はもちろん、今、絞った、とれたての蜂蜜です。

最後にハート様のおいしいバーベキューを堪能いたしました。

  

  

ハチミツレシピ

菜の花 2014

きれいに一面の菜の花が咲きました。

環境のことも考え、国産種のナタネ油にも使える菜の花を選びました。

  

ひまわり

真夏の暑い日差しの中

元気に咲いてくれたヒマワリです。

 

道端で遭遇した野うさぎ

道端で親とはぐれていたので、保護しました。

まだ乳離れをしていないのでミルクを買ってやりました。

菜の花

菜の花は蜜蜂が大好きな花の一つです。花蜜や花粉集めに大忙しです。一面の花畑は、黄色いジュータンのようです。

広島県立油木高等学校の蜜蜂

はなはな の地元、県立油木高等学校の蜜蜂は大活躍です。

昨年の第3回『観光甲子園』観光庁長官賞
    「ごはんDE笑顔プロジェクト」準優勝
広島県学校農業クラブ連盟大会の3年連続の最優秀賞に続いて

JA全中主催の「全国高校生 みんなDE笑顔プロジェクト」で会長賞を受賞しました。

朝日新聞平成25年1月25日付

蜜源づくり

蜜源の拡大を図り、耕作放棄地を減らすための蜜源の移植活動
人の手の入らないところでは草が怖ろしく伸びます。
移植の前にまず刈払機の出番です。それからやっと移植作業に入れます。

 

レンゲの種まき

10月の中旬
花々養蜂園と油木高校と永野南自治会の有志でレンゲの種まきをしました。

作放棄地6haの再生が完了

原野同然の耕作放棄地が見事に畑として再生されました。
当所、5haの予定でしたが隣接地権者の意向も加わり、最終的には6haの再生となりました。
できあがった畑をそのまま遊ばせていても草が生えるため、レンゲの種播までの間、全面に秋そばを作付けし「そば蜜」を収穫。その後、副産物とも言えるそばも収穫しつつ、レンゲの種播を行い翌2012年の春には広大な畑一面がレンゲの花で埋め尽くされる予定です。

BEFOR

AFTER

 

儲かる農業モデル構築に耕作放棄地5haをれんげ畑として再生決定。

高齢化と過疎(儲からない農業)によって耕作されなくなった神石高原町永野南地区に現存する耕作放棄地を、自治振興会・油木高校・花々養蜂園の三者が協力して広大なれんげ畑として再生し、自治振興会の飼育するミツバチの蜜源として活用、豊かな暮らしが可能なことを実現します。

2011年の秋に種蒔きをし、翌2012年の春には広大な放棄地全域が、れんげの花で一杯になる時期に合わせ、同時に「れんげフェスタ(仮称)」を開催する予定です。

NHKさんの取材風景

耕作放棄地対策に養蜂を取り入れた神石高原町永野南の方々への指導風景をNHKにて放送されました。


油木高校での採蜜風景

油木高校で飼っている蜜蜂の採蜜をしました。
生徒はその蜂蜜で作ったケーキを持って全国大会に出場しました。
その内容は「高校生パワーが地域を変える、夢の新・食ブランド全国大会」(NHK総合)にて放送されました。


ページトップへ